本文へスキップ

千葉・市原の民間車検場 ICC AUTO

電話でのご予約・お問い合わせはTEL:0120-480-589


一日車検が安い
朝お預かりして夕方に完成!又は夕方お預かりして翌日夕方までに完成など、一日で車検に必要な点検、及び検査を行うメニューです。
※お車の状態や交換部品によっては一日以上かかる場合もございます。
【実車を見ながらのご説明】
お客様と一緒に実車を見ながら交換の必要な部品等をきちんとご説明します。

【ご依頼整備】
もちろん車検に必要な点検だけでなく各種オイルの交換や部品交換、タイヤ交換などのご依頼整備も車検と同時に承りますのでお気軽にご相談下さい。

【代車無料】
新しく、キレイな代車(禁煙車)をご用意。代車は無料+燃料代も走行距離50kmまでなら無料です。
※51kmを超えた場合には10円/kmです。
車検基本料金 20,570円 22,620円 22,620円 22,620円 22,620円
検査・申請料金  7,200円  7,200円  7,200円 7,200円 7,200円
申請代行料金 0円 0円 0円 0円 0円
自賠責保険
   (24ヶ月)
26,370円 27,840円 27,840円 27,840円 27,840円
重量税 6,600円 16,400円 24,600円 32,800円 41,000円
登録印紙代 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円
車検総額 61,840円 75,160円 83,360円 91,560円 99,760円
最大割引後
合計金額
59,840円 73,160円 81,360円 89,560円 97,760円

■お支払いは現金又はクレジットカードでお願いいたします。※クレジットカードでお支払いの場合でも法定費用は現金でお願い致します。
■車検総額にはご依頼整備、部品油脂代等は含まれておりません。
■万が一道路運送車両法・保安基準に適合しない違法改造箇所があった場合には修理や部品の交換等が必要です。
■平成23年4月1日より自賠責保険料が改定されました。
■重量税は、新車新規登録からの年数に応じて税額が異なります。
車検時に必要なもの
■車検証  ■ご印鑑(認印)  ■納税証明書 ■旧自賠責保険(車内在中)
※ホイールがロックされている場合ロックナットのキーが必要です。
※車検拒否制度・・・過去に違法駐車をして反則金を支払っていない場合には車検に受かりませんので必ず、事前にお支払いを済ませて下さい。
※納税証明書を紛失された場合にはご予約時にお申し出下さい。

自家用乗用自動車等の2年定期点検整備項目56項目
かじ取り装置  ハンドル  操作具合
 ギヤ・ボックス 取付の緩み
 ロッド及びアーム類 緩み、がた及び損傷  
ボール・ジョイントのダスト・ブーツの亀裂及び損傷
 かじ取り車輪 ホイール・アライメント
パワー・ステアリング装置 ベルトの緩み及び損傷
油漏れ及び油量
取付の緩み
制動装置 ブレーキ・ペダル 遊び及び踏み込んだときの床板とのすき間
ブレーキの効き具合
駐車ブレーキ機構 引きしろ
ブレーキの効き具合
ホース及びパイプ 漏れ、損傷及び取付状態
 マスタ・シリンダ、ホイール・シリンダ及びディスク・キャリパ 液漏れ
機能、摩耗及び損傷 
ブレーキ・ドラム及び
ブレーキ・シュー
ドラムとライニングとのすき間 
シューの摺動部分及びライニングの摩耗
ドラムの摩耗及び損傷
ブレーキ・ディスク及びパッド ディスクとパッドとのすき間
パッドの摩耗
ディスクの摩耗及び損傷 
走行装置 ホイール タイヤの状態
ホイール・ナット及びホイール・ボルトの緩み
フロント・ホイール・ベアリングのがた
リヤ・ホイール・ベアリングのがた
緩衝装置  取付部及び連結部 緩み、がた及び損傷
 ショック・アブソーバ 油漏れ及び損傷
動力伝達装置  クラッチ ペダルの遊び及び切れたときの床板とのすき間
トランスミッション及び
トランスファ
油漏れ及び油量
プロペラ・シャフト及び
ドライブ・シャフト
連結部の緩み
自在継手部のダスト・ブーツの亀裂及び損傷
デファレンシャル 油漏れ及び油量 
電気装置 点火装置 点火プラグの状態
点火時期
ディストリビュータのキャップの状態
バッテリ ターミナル部の接続状態
電気配線 接続部の緩み及び損傷
原動機 本体 排気の状態
エア・クリーナ・エレメントの状態
潤滑装置 油漏れ
燃料装置 燃料漏れ
冷却装置 ファンベルトの緩み及び損傷
水漏れ
ばい煙、悪臭のあるガス
有害なガス等の発散防止
装置
ブローバイ・ガス還元装置 メターリング・バルブの状態
配管の損傷
燃料蒸発ガス排出抑止装置 配管等の損傷
チャコール・キャニスタの詰まり及び損傷
チェック・バルブの機能
一酸化炭素等発散防止装置 触媒反応方式等排出ガス減少装置の取付けの緩み及び損傷
二次空気供給装置の機能 
排気ガス再循環装置の機能
減速時排気ガス減少装置の機能
配管の損傷及び取付状態
  エグゾースト・パイプ及びマフラ 取付けの緩み及び損傷 
マフラの機能
 車枠及び車体 緩み及び損傷

      Related Link 関連企業
  

このページの先頭

newpage3.htmlへのリンク